米国サーキュラーエコノミー専門の投資会社Closed Loop Partnersのサーキュラーエコノミーセンターは、創立パートナーであるペプシコおよびNextGenコンソーシアムとともに、コンポストコンソーシアムを立ち上げることを発表した。米国の堆肥化エコシステムにおける声を集め、堆肥化可能な食品包装の回収率を上げ、循環を促進することを目的としている。

従来型の化石燃料ベースによる使い捨てプラスチック包装の代替品に対する需要が急速に高まっている現在、堆肥化可能な包装の市場は、2020年から2027年の間に毎年17%成長すると見込まれる。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。