欧州委はこのほど、欧州50都市以上がグリーン都市協定に署名したことを発表した。グリーン都市協定は、2020年10月に発足した欧州委のイニシアチブだ。EUに住むすべての人の生活の質を改善し、関連するEUの環境法の実施を加速することを目的としている。

同協定に署名することにより、都市は空気・水・自然と生物多様性・サーキュラーエコノミーと廃棄物・騒音の5分野に取り組み、2030年までに野心的な環境目標を達成することを約束する。都市は環境保全を牽引し、上記5分野への取り組みと持続可能なサーキュラーエコノミーへの移行において重要な役割を果たせると欧州委は考える。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。