木材パルプや藁などの農業廃棄物からセルロース繊維を精製する技術を有するフィンランドのSpinnova(スピノバ)はこのほど、繊維の製造による温室効果ガスの排出量がマイナスになったとする調査結果を公表した。

低炭素原材料の利用や、製造工場におけるエネルギーの有効利用により、削減量が排出量を上回った。アパレルメーカーに技術や製品を活用してもらうことで、ファッション業界全体の排出削減を目指す。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら