米国プラスチック協定は6月15日、「2025年へのロードマップ」を発表した。同ロードマップ作成にあたっては、米国プラスチック協定創設メンバーの日用品・化学大手の独ヘンケルが支援した。

同ロードマップは、2025年までに米国でプラスチックのサーキュラーエコノミーを実現することを目的とした国家戦略であるとしている。知識の共有・投資の最適化・差異の特定・体系的な障壁の克服・政策実施を通じて、協定署名組織による野心的目標の達成を導く。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら