米国プラスチック協定は6月15日、「2025年へのロードマップ」を発表した。同ロードマップ作成にあたっては、米国プラスチック協定創設メンバーの日用品・化学大手の独ヘンケルが支援した。

同ロードマップは、2025年までに米国でプラスチックのサーキュラーエコノミーを実現することを目的とした国家戦略であるとしている。知識の共有・投資の最適化・差異の特定・体系的な障壁の克服・政策実施を通じて、協定署名組織による野心的目標の達成を導く。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。