蘭ユトレヒト大学の研究者らはこのほど、論文「Transition to a Sustainable Circular Plastics Economy in The Netherlands:Discourse and Policy Analysis(オランダにおけるプラスチックの持続可能な循環型経済への移行:提言と政策分析)」を発表した。

オランダの現行の政策を分析した結果、技術革新に焦点を当てすぎており、プラスチックの持続可能な未来の大局を見失っていることが判明したとしている。現行の政策のように、エンド・オブ・パイプ(生産工程の末端)のソリューションと技術革新を重視しても、プラスチックの生産・消費・回収による人間と環境の健康への影響を低減できないとの見解も示した。

同論文では、循環型の未来がもたらす社会的・政治的・生態学的な効果が示された。発表された10の提言は、次のとおりだ。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら