世界経済フォーラム(WEF)の責任ある調達部門リードのWinnie Yeh 氏はこのほど、「重要な金属の需要を削減するための3つのサーキュラーエコノミーアプローチ」を提案した。

現在、気候変動対策として世界規模で再生可能エネルギーへの移行・輸送手段の電気化・多分野におけるデジタル化などが推進されている。しかし、再生可能エネルギーへの大規模移行には、大量のクリティカルメタルが必要だ。輸送手段の電気化には大量の電気自動車(EV)用電池が必要となり、コバルト・ニッケル・リチウムなどの金属の需要が拡大する。デジタル化についても同様である。コンピューターなどの電子機器には、レアアースをはじめとするクリティカルマテリアル(重要な原材料)が不可欠だ。

こうした金属の需要に対応するために、一次資源の採掘の増加や新規採鉱プロジェクトに着手すれば、環境破壊が進むことになり、大きな矛盾が発生する。この点は、欧州環境局をはじめとする多数の環境保護団体なども指摘している。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら