チュニジアで、建設廃棄物のサーキュラーエコノミープロジェクトが開始された。

人口約1,000万人のチュニジアでは、建設廃棄物と解体廃棄物の量が約800万立方メートルに達し、その70%は首都チュニス(人口約70万人)・スース(人口約40万人)・スファックス(人口約30万人)などの都市に集中している。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。