英シェフィールド大学の研究者はこのほど、論文「Embed circular economy thinking into building retrofit(建物の改修にサーキュラーエコノミーの考え方を組み込む)」を発表した。

エネルギー効率を改善する建物改修は、脱炭素化計画において不可欠な要素であるが、寿命についてはほとんど考慮されておらず、廃棄物を発生させる可能性があるとしている。建物改修による廃棄物発生を回避するために、技術者・建築家・設計者・建設業者は、建物改修にサーキュラーエコノミーのアプローチを組み込まなければならないと主張した。同論文の概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら