オランダ・アムステルダムに本拠を置くサーキュラーエコノミー推進機関のCircle Economyは1月19日、ドバイで開催されているイベントDubai Expo 2020のなかで最新の「Circularity Gap Report 2022(サーキュラリティ・ギャップ・レポート2022)」を公表した。この中でCircle Economyは、発生する温室効果ガスの70%は製品の生産と使用に関連すると指摘。気候崩壊を回避できるとされる、気候変動を1.5℃以内に留めるために、2030年までに年間あたりに消費する資源量を190〜230億トン削減してサーキュラリティをほぼ2倍の17%まで押し上げる必要があると警鐘を鳴らした。

資源消費量を削減し、サーキュラーエコノミーへの移行に取り組む必要性を強く訴えるとともに、企業・都市・国家が取り組むべき21の循環型ソリューションを公表した。このソリューションを適用することで、年間228億トンの資源消費量を削減できる可能性がある。21の循環型ソリューションとその期待される効果は次のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら