世界60カ国以上に製造拠点や販売網を展開する米化学大手ダウは、自社の持続可能性を高めるため、サプライチェーンにおけるサーキュラーエコノミーへの移行や、廃棄物の削減に力を入れている。

たとえば、同社によると、製造拠点や顧客と協力し、自社の製品が入っていた空容器を返品できるシステムを構築。欧州ではこれまでに1万7,000を超える使用済み中間バルクコンテナ(IBC)を購入・再利用した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。