アントニー・ブリンケン米国務長官はこのほど、国連環境計画(UNEP)がケニアの首都ナイロビで開催した海洋プラスチックに関するイベントに参加し、海洋プラスチック汚染への取り組みを強化することを表明した。

インガー・アンダーセンUNEP事務局長は同イベントで、2022年2月にナイロビで開催される国連環境総会に向けて準備が進められているいま、プラスチック汚染への取り組みが転換点となる可能性があることを認識しなくてはならないと述べた。

ブリンケン国務長官は、次のような見解を示した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。