米ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下、グッドイヤー)はこのほど、持続可能な素材を70%含むデモンストレーション・タイヤを発表した。グッドイヤーは、2030年までに持続可能な素材100%のタイヤを実現するという目標を掲げており、これに向けて大きな前進を遂げたとしている。

持続可能な素材70%のタイヤには13の注目すべき成分が含まれており、これらの成分の特性がタイヤ全体の性能に大きく影響するとグッドイヤーは考える。グッドイヤーのタイヤの持続可能性を特徴づけるものとして、次の4つの成分を以下のとおり発表した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。