世界銀行・国際金融公社(IFC)・世界銀行によるタイの民間部門診断(CPSD)はこのほど、レポート「Creating Markets in Thailand:Rebooting Productivity for Resilient Growth(タイでの市場創出:レジリエントな成長のための生産性の再起動)」を刊行した。

主要産業におけるサーキュラーエコノミーアプローチの促進とデジタル技術・破壊的技術の加速は、タイの投資・貯蓄・収益を通じて年間最大34億ドルを生み出し、タイの気候目標達成とレジリエントな成長に貢献すると同報告書は示した。新型コロナウイルス感染症と共存し、民間部門主導の成長の課題と機会を評価することを目的とする同報告の概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら