1月17日~21日に世界経済フォーラムが開催したダボス・アジェンダにおいて、今後10年でサーキュラーエコノミーの取り組み規模を倍に引き上げる方法について提案された。以下にその概要を紹介する。

現在のサーキュラリティ

世界における目下の消費行動は持続可能であるとはいえず、商品の生産と消費活動は気候変動および生物多様性の損失の根本的な要因となっている。約45%の温室効果ガスは食料や製品を生産し使用する過程で排出されており、生物多様性損失の90%以上が天然資源の抽出・加工過程に起因している。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら