欧州委はこのほど、海洋・海岸に関連する産業および分野(ブルーエコノミー)に向けた、EUにおける持続可能なブルーエコノミーの新しいアプローチを提案した。持続可能なブルーエコノミーは、欧州グリーンディールの目標達成と新型コロナウイルス感染症蔓延からのグリーンで包括的な復興に不可欠であるとしている。

漁業・水産養殖・海洋観光・海上輸送・港湾活動・造船を含むすべてのブルーエコノミー部門は、環境と気候への負荷を減らす必要があると欧州委は認識している。気候と生物多様性の危機に取り組むには、健全な海と海の資源を持続的に利用して、化石燃料と伝統的な食料生産の代替を生み出さなくてはならず、持続可能なブルーエコノミーへの移行には革新的なテクノロジーへの投資が必要であると考える。波力と潮力エネルギー・藻類生産・革新的漁具の開発・海洋生態系の回復は、ブルーエコノミーに新しいグリーンな仕事と事業を生み出すとみている。

すべての海事関係者に対して、欧州委は以下を推進するよう呼びかけるとともに、見解を発表した。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。