エネルギー分野の世界的リーダーから構成されるシンクタンクの英エネルギー移行委員会(ETC)はこのほど、報告書「Mind the Gap:How Carbon Dioxide Removals Must Complement Deep Decarbonisation to Keep 1.5°C Alive(ギャップに注意する:1.5°C維持のための炭素除去による脱炭素化の補完方法)」を発表した。

同報告書は、2020年代に大幅に炭素排出を削減することで、産業の全分野は今世紀半ばまでに脱炭素化できるとの見解を示した。石炭の使用量を半減させ、2030年までに森林破壊を70%終わらせることは、特に重要な優先事項であるとしている。同報告書の概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら