繊維と工業製品の専門商社である株式会社GSIクレオスは、サーキュラーエコノミー実現のためのD2Cプラットフォームブランド「BIOLOGIC PHILOSOPHY(以下、ビオロジックフィロソフィ)」を2021年3月より開始する。ブランド立ち上げにあたり、サーキュラーエコノミー推進団体の一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパンと連携している。

ファッション業界は、衣服の製造工程では水・エネルギー・化学物質などの資源を大量に使用し、CO2を多く排出している。また、世界全体ではまだ着られる膨大な量の服が焼却・埋立処分されている。これらの課題を解決するべく、高級ブランドをはじめとする世界のさまざまなブランドが、従来の仕組みから脱却して新しい循環型の産業への変革を目指している。加えて、欧米や中国のミレニアル・Z世代顧客は、サステナビリティを実現できないブランドの商品を手に取ることも減ってきていると同社はみている。

ビオロジックフィロソフィは、このファッション産業の世界的な変革の潮流を先導するとともに、日本の文化や生活様式に合うサーキュラーエコノミー・ファッション(グリーンウェア)を追求するためのプラットフォームとして機能するとしている。ブランド展開にあたり、3月15日より公式オンラインサイト限定で販売を開始する。同サイトでは、世界的にサーキュラーエコノミーを推進する繊維メーカーのサステナブルな素材やパーツを起用したオリジナルコレクション「women&unisex」のほか、国内外の同じ考えを持つファッションブランドのセレクトアイテムや生活雑貨などを取り扱う。

製品には、廃棄防止を考慮した「サーキュラー素材」を採用している。現時点で世界で最もサステナブルにつくられていると同社が評価する素材を基本に、人と環境に対して安全性が高く、より耐久性に優れた素材の開発にも取り組みながら、修復・再利用・用途を簡単に変更できる衣料品を企画設計する。第一弾として、スペインの紡績企業ヒラチュラスフェレールのリカバー(リサイクルコットンとリサイクルポリエステル)と、トルコのデニム素材メーカーであるイスコのリサイクルコットンデニム、およびオーストリアの繊維メーカーであるレンチング社のテンセル™(※)ブランドのリヨセル繊維(再生可能な木材からつくられた環境配慮型素材)を使用した製品を発売する。

(出典:株式会社GSIクレオス)

ビオロジックフィロソフィは、サーキュラーエコノミーをブランドコンセプトとして、さまざまな人や企業をつなぎ、持続可能な生活様式を提案・実現したいと考える。サーキュラーエコノミー実現のために連携する人々を同社は「仲間」と呼び、仲間とともにサーキュラーエコノミー達成を目指してグリーンファッションを打ち出していく意向だ。同ブランドはまず、ファッションリフォームを行う株式会社フォルムアイや、クリーニング企業の株式会社清水屋などとの取り組みを開始する。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。