英国ロンドンに本社を構えるアセットマネジメント企業のシュローダーはこのほど、初めてとなる欧州サステナブル都市政策指標ランキングを発表した。アムステルダムが1位に輝き、2位ロンドン、3位パリと続く。この指数は、ヨーロッパ59都市、13の環境政策を評価してランク付けしたもので、再生可能エネルギー、クリーンな公共交通機関、公共のEV充電ステーション、使い捨てプラスチック、大気質、廃棄物政策、カーボンニュートラル目標、廃棄物管理政策などの分野が対象となった。これら分野で高スコアの評価を得ることは、環境への影響を最小限に抑えつつも住民に高い生活の質を提供できる都市になることを意味する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。