パリに本部を置く国際商業会議所 (International Chamber of Commerce、以下、ICC)が12月14日に発表した報告書(「サーキュラーエコノミーと国際貿易:WTOの選択肢」)によれば、各国政府がサーキュラーエコノミーを加速させるためには、国際貿易ルールの大幅な見直しが必要になるという。

国際貿易は、資源効率性を高め、経済成長と原材料投入をデカップリング(分離)するために重要な役割を担うとしている。これまで、政策は各国ごとに策定され、一方的な輸入禁止や国内市場の製品規格が貿易摩擦を生み、企業のサーキュラーエコノミー活動を妨げてきたとしている。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。