イケアはこのほど、オンライン上でインタラクティブツールとして誰でも利用できる「循環型製品デザインツール」を公開した。イケアは、2030年までにすべての製品に循環性を組み込むことを目標としており、その一環として9,500点以上の製品の循環性評価を行った。イケアはその方法論と洞察を共有することで、デザイナーにインスピレーションを与えサーキュラーエコノミーへの動きを加速させる。

同ツールでは、大きい家具から小さなアクセサリーまで、さまざまな製品の循環性を簡単に測定できるようになっている。製品に関するさまざまな質問に答えると、その製品の循環性がスコアで表示される。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について