経済協力開発機構(OECD)はこのほど、レポート「A Chemicals Perspective on Designing with Sustainable Plastics(持続可能なプラスチックの設計に関する化学物質の展望)」を刊行した。

プラスチック製品開発では、特に化学物質の観点における持続可能性が体系的に考慮されていないとOECDは認識している。持続可能なプラスチックは「製品のライフサイクル全体において人間と環境の健康と安全を強化し、社会的利益を提供する製品に使用されるプラスチック」であるとOECDは概説している。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。