ドバイに本拠を置く複合企業のSharaf Groupはこのほど、使用済み鉛蓄電池リサイクル施設の建設計画を発表した。

Sharaf Groupは、海運・輸送・サプライチェーン・小売・観光・IT・金融サービス・不動産・教育・製造など多岐にわたる事業を展開している。同施設建設の目的は、「2050年までにクリーンな環境とゼロウェイスト」というドバイ市の目標の達成に寄与することだ。ドバイ市内の約25万平方フィート(約2.3万平方メートル、東京ドームの約半分)の敷地に建設される同施設は、最新の設備を備えるとしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。