英Green Jobs Taskforce(グリーン・ジョブズ・タスクフォース)はこのほど、ネットゼロへの移行において政府・産業・教育部門が必要とするスキルに関する調査結果と推奨事項をまとめたレポートを発表した。

英国は、2030年までに200万人分の「グリーン・ジョブ」を創出するという目標を掲げている。英ビジネス・エネルギー・産業戦略省と教育省は2020年11月、政府・産業・教育部門への助言を目的として、経済界・産業界・学界・労働組合・教育部門などから17人を招集して「グリーン・ジョブズ・タスクフォース」を立ち上げた。グリーン・ジョブズ・タスクフォースは、政府・産業・教育部門が利害関係者と協力してグリーン産業革命の機会を把握し、ネットゼロへの移行を通じて高炭素部門・労働者・コミュニティを支援することを目指して2021年7月まで活動し、同レポートを作成した。

同レポートでは、現在のネットゼロへの移行状況について以下のように報告された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。