持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)とノルウェーに本拠を置くサービス業のDNVはこのほど、サーキュラーエコノミーへの企業の関心が地域を問わず高まっているとの調査結果を明らかにした。その一方で、サーキュラーエコノミ―事業モデルへの移行速度は遅いとの見解を示した。

同調査では、サーキュラーエコノミーへの移行において包括的で高度なアプローチを示している793社を分析したとしている。両組織が発表した調査結果の概要は、以下である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について