ニュージーランド・ウェリントン市議会はこのほど、アスファルト舗装の性状を改善する添加材料として繊維廃棄物を使用する試験を開始した。同市議会によると、これはニュージーランド初の試みとなる。

同試験において、繊維研究・コンサルタント企業のUsedfullyと森林科学研究機関Scion、およびエンジニアリング企業Fulton Hoganは共同で、使用済みの衣類や繊維製品をアスファルト舗装に再利用する循環型システムの構築を目指す。ニュージーランドでは繊維廃棄物が急増しており、重量に比して環境負荷が大きいため、CO2削減に向けた取り組みが進められている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら