持続可能な資源利用を推進する慈善団体の英WRAP(The Waste and Resources Action Programme)はこのほど、英国プラスチック協定(The UK Plastic Pact)の年次報告書2020-2021を刊行した。

同協定は、WRAPがエレン・マッカーサー財団の支援を受けて、プラスチックごみ削減を目的として2018年4月に発足させた。2021年12月7日時点で企業・英政府・NGO団体など、170以上の組織が署名している。今回の年次報告書では、同協定が掲げた2025年までに達成すべき以下の4つの目標に対する進捗状況と、今後取り組むべき課題が提示された。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。