スコットランドのサーキュラーエコノミー推進機関Zero Waste Scotland(ゼロウェイストスコットランド)はこのほど、レポート「Scottish Material Flow Accounts(スコットランドのマテリアルフロー計算)」を発表した。同レポートでは、スコットランドの材料消費のフットプリントの規模と特徴が明らかにされた。

Zero Waste Scotlandは、11月から開催されるCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)に向けて同レポートを作成した。消費によるCO2排出量を削減するための明確かつ期限付き目標の設定をスコットランドの意思決定者に促すことを目的としている。同レポートの概要は、以下のとおりだ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。