サーキュラーエコノミーはこの数年で急速に注目されるようになり、その勢いは確実に増している。

多くの人が「サーキュラーエコノミー」について語り、多くの人の関心が集まる一方で、「サーキュラーエコノミー」や「サーキュラーエコノミーの原則」という言葉の定義について議論する場は十分ではない。実際に話す対象者や解決しなければならない課題、話者の視点によって、「サーキュラーエコノミー」の定義は時として大きく異なる。

Circle Economyはサーキュラーエコノミーの共通理解を促進するために、NGOや政府機関、研究機関、コンサルティングファームなど20の組織が用いていたサーキュラーエコノミーに関わる様々な用語や定義をマッピングした。これらを咀嚼し、グループ分けをし直すことで、サーキュラーエコノミーの共通言語となる、7つのキーワードが浮かび上がった。

サーキュラーエコノミーの共通理解に重要なこれら7つのキーワードについて解説する。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら