オランダ・アムステルダムに本拠を置くサーキュラーエコノミー推進機関Circle Economyはこのほど、サーキュラーエコノミー(CE)の推進と社会環境面でのレジリエンス向上との関係性について構造的に分析した初のレポートを公表した。

新型コロナウイルスの流行で社会、経済システムが世界的に混乱する中、いわゆる「Building back better(より良い復興)」を目指す過程で、CEの推進を通じたシステムのレジリエンス向上の必要性が指摘されている。本レポートは、CEとレジリエンスの関係性について必要な分析的視点を提供している一方で、効果的に運用しなければいくつかのCEに関わる傾向がレジリエンスを弱めることにつながる可能性があると警告する。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。