オランダ・アムステルダムに本拠を置くサーキュラーエコノミー推進機関Circle Economyはこのほど、サーキュラーエコノミー(CE)の推進と社会環境面でのレジリエンス向上との関係性について構造的に分析した初のレポートを公表した。

新型コロナウイルスの流行で社会、経済システムが世界的に混乱する中、いわゆる「Building back better(より良い復興)」を目指す過程で、CEの推進を通じたシステムのレジリエンス向上の必要性が指摘されている。本レポートは、CEとレジリエンスの関係性について必要な分析的視点を提供している一方で、効果的に運用しなければいくつかのCEに関わる傾向がレジリエンスを弱めることにつながる可能性があると警告する。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら