気候変動対策で想起するものはと問われれば、再生可能エネルギーへの移行という答えが大半だろう。確かに再生可能エネルギーは温室効果ガス削減の最重要テーマであることは周知の通りだ。だが、再生可能エネルギーの取り組みだけでは十分ではないことが明らかになった。

2019年9月23日、英国に本拠を置くサーキュラーエコノミー推進団体のエレン・マッカーサー財団がスウェーデンのサステナビリティコンサルティングファーム、マテリアルエコノミクスとの協働により発表したレポート “COMPLETING THE PICTURE: HOW THE CIRCULAR ECONOMY TACKLES CLIMATE CHANGE“(「全体像を完成させる:サーキュラーエコノミーがどのように気候変動対策に取り組むのか」)では、再生可能エネルギーへの移行に加えてサーキュラーエコノミーを推進することが脱炭素社会の鍵となることが示された。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。