Circular Economy Hubでは、サーキュラーエコノミーの実現を目指す国内外のさまざまな動きを発信している。そもそもサーキュラーエコノミーとはどのようなもので、実際の社会に適応されるとどのように機能するのかーー。サーキュラーエコノミーについて理解を深めるため、筆者はエレン・マッカーサー財団が10週間にわたって提供するオンライン学習プログラム「From Linear to Circular: Open to All」に参加している。そこで得た学びをレポートする。

※本レポートは、エレン・マッカーサー財団に許可を得た上で、講義内容等を掲載したものです。

これまでの講義レポートはこちら

第1回「サーキュラーエコノミーとはそもそも何か?
第2回「サーキュラーエコノミーのためのデザイン
第3回「循環するビジネスモデル
第4回「次の段階のサーキュラーエコノミー

プラスチック問題は「アップストリーム・イノベーション」で解決する

第5回のテーマは「プラスチックのサーキュラーエコノミー」。講義が始まる前、事前に主催者側から質問が与えられた。

設問1

プラスチック問題を解決できると思いますか?楽観的に見ていますか?それとも悲観的に見ていますか?そう思う理由を教えてください。

設問2

次の4つの目標について、どのようなチャンスと課題があると思いますか?

①包装容器を使わない

②再利用できる包装容器

③包装容器の資源をリサイクルする

④プラスチック利用を減らす個々人の努力

設問3

プラスチック包装容器のサーキュラーエコノミーは、ただ包装容器を再設計するのではない。製品や運用を仕組みとして再設計することを指す「アップストリーム・イノベーション」のマインドセットをもって取り組むべきものだ。講義の前に、包装容器を再設計するにはどのようなアイデアがあるか、ブレインストーミングしてみよう。どのような製品や運用モデルを用いれば、プラスチックごみを無くすことができるだろうか。

あなたはどう思うだろうか。次に紹介する講義の内容を読み進める前に、一度考えてみてほしい。  

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。

Related posts