米アルミニウム容器製造のボール・コーポレーションは10月20日、ブラジルで初めての循環型経済ラボを設立する計画を発表した。ブラジルで最も人気のある観光地のフェルナンド・デ・ノローニャで設立される。同ラボは『VADELATA for the Planet Lab』と呼ばれ、アルミ缶の回収とリサイクルを行い、循環型経済のモデルを構築する。

2022年のオープンを目指し、同日、正式に建設着工した。初年度に約10万ポンド(およそ45トン)のアルミニウムのリサイクルを見込んでいるほか、住民や観光客がサステナビリティを推進する方法を学習できる施設になる。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。