印政府はこのほど、「プラスチック廃棄物管理改定法2021」を発表した。同法により、2022年までに特定使い捨てプラスチック製品の使用を禁止し、プラスチック製買物袋の厚さも段階的に引き上げる。

今回の改定法の公示は陸海のエコシステムにプラスチック廃棄物が及ぼす悪影響を懸念し、使い捨てプラスチック製品を禁止するべきだとする印首相からの呼びかけに応じる形となった。

使い捨てプラスチック製品による環境負荷は世界で大きな問題となっており、インドは公害緩和への尽力を公約している。同国は2019年に開催された第4回国連環境会議において、使い捨てプラスチック製品に関する決議を率先して採決に導いている。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。