オランダ・アムステルダムに本拠を置くサーキュラーエコノミー推進機関のCircle Economyは1月26日、世界経済フォーラムのダボス・アジェンダ・ウィークのなかで、最新の「Circularity Gap Report(サーキュラリティ・ギャップ・レポート)2021」を公表した。同報告書によると、サーキュラー戦略によって、2019年の温室効果ガス排出量の39%にあたる228億トン(CO2換算)を削減し、気候崩壊を防ぐことに大きく寄与する。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。