ブラジルは、近年急速にサーキュラーエコノミーへの移行を進めている。そのひとつの力となっているのが、ブラジル循環型経済ハブ(Brazilian Circular Economy Hub 以下、Hub-EC)だ。ブラジルのパラダイムシフトを牽引するExchange 4 Change Brasil (以下、E4CB)が2020年1月に立ち上げたこのハブには、あらゆる業界、規模の企業が参加し、サーキュラーエコノミーへの移行を推進するための議論が行われている。立ち上げ以来、知識交換のための国際的なウェビナーが3回開催され、15か国以上の聴衆が参加した。現在、グローバル企業である、ネスプレッソ、エレクトラロックス、ジェルダウ、トムラなどを含む16の企業がメンバーとして参加し、以下の4つのワーキンググループに分かれて議論を進めている。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。