ファッション業界のサステナビリティを推進するNGOであるGlobal Fashion Agendaが主導するCircular Fashion Partnership*は、バングラデシュにおける繊維廃棄物のより効率的な利用が生み出す効果に関する分析結果を発表した。調査によると、国内で発生する廃棄コットンの100%リサイクルを実現した場合、コットンの輸入量を15%削減でき、その効果は5億ドルに相当すると試算される。

バングラデシュにおける繊維廃棄物の規模とその価値

本調査によると、バングラデシュでは2019年に既製服と織物工場から排出された廃棄物が約577,000トンあり、その約半分(25万トン)が100%純粋なコットンの廃棄物であった。この100%コットンの廃棄物は、リサイクル市場では最大1億ドル相当の価値があると推定される。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。