メキシコに本拠を置くセメント会社大手CEMEXはこのほど、パリに建設中のツインタワー「トゥール・デュオ」の建設に低炭素型のコンクリートとリサイクルサービスを提供したと発表した。同ツインタワーは、世界的に著名な建築家ジャン・ヌーベル氏が設計した。

CEMEXは同タワーの建設中に、低炭素型の混合物を含む4万立方メートル以上のコンクリートを供給した。コンクリートは、特に基礎用として建物のCO2排出量を削減する配合で設計された。CEMEXはマルチモーダル輸送ネットワークを通じてリサイクルサービスを提供し、約4万2,000トンの材料節約も実現した。これらのサービスは、CEMEXが業界のサーキュラーエコノミーへの移行加速に向けて提供するソリューションの一部であるとしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。