中国国家発展改革委員会(NDRC)はこのほど、循環型経済の目標をまとめた最新の「循環経済の発展に関する第14次5カ年計画(2021-2025年)」を発表した。

中国国内の資源循環体制構築とカーボンニュートラルの2060年実現に向け、グリーンデザインとクリーン生産を促進し、リサイクルシステムを確立する。

主な目標は、2025年までに化石燃料の段階的廃止、再生可能エネルギー利用の促進、GDPあたりのエネルギー消費量13.5%削減、水使用量を16%削減など。さらに、2025年までに古紙利用量を6000万トン、鉄スクラップ利用3億2000万トン、非鉄金属の再生量2000万トンや、資源循環利用による生産高5兆元を目標として掲げ、2025年までに資源循環経済体制を構築するとした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。