中国政府はこのほど、カーボンニュートラル達成に向けた指針「Working Guidance For Carbon Dioxide Peaking And Carbon Neutrality In Full And Faithful Implementation Of The New Development Philosophy(新しい開発哲学の完全かつ忠実な実施におけるCO2排出量の最高値とカーボンニュートラルのための実務ガイダンス)」を発表し、新しい開発概念に基づいて今後数十年における主要目標と具体的な政策を提示した。

このなかで政府は今後、中国のCO2排出量は2030年までに最高値となり、安定し、その後は減少して2060年までにカーボンニュートラルを達成し、グリーン・低炭素・サーキュラーエコノミーへの移行を実現するとしている。中国は2020年9月、国連総会において2060年までにカーボンニュートラル実現を目指すことを宣言しており、欧州をはじめとする国際社会では地球温暖化対策における重要な一歩として受け止められた。今回の指針の発行は、その宣言を改めて確認するものでもある。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。