スウェーデンのストックホルム環境研究所の研究者らはこのほど、論文「Including the social in the circular:a mapping of the consequences of a circular economy transition in the city of Umeå, Sweden(循環に社会的影響を含める:スウェーデン・ウメオ市におけるサーキュラーエコノミー移行の結果のマッピング)」を発表した。

サーキュラーエコノミーは環境負荷削減の観点から高く評価されており、気候変動の解決策の一つとして欧州をはじめ世界で取り組みが進められている。しかし、都市におけるサーキュラーエコノミー移行が人々に与える影響についての研究はほぼ皆無で、サーキュラーエコノミー移行による負荷も注目されていないと研究者らはみている。そこで、研究者らは同論文において、サーキュラーエコノミー移行に取り組んでいるスウェーデンのウメオ市で実施された社会的影響評価の結果を示した。同論文の概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら