飲料世界大手コカ・コーラ社はこのほど、再利用可能な容器包装の使用を大幅に増やす目標を発表した。2030年までに全飲料の25%以上を詰め替え・返却可能なガラスまたはプラスチックボトル、充填機による詰め替え用容器で販売することを目指す。

同社顧客・事業最高責任者のElaine Bowers Coventry 氏は、「再利用可能な容器包装の使用を促進することは、消費者や顧客に付加価値を提供すると同時に、2030年までに販売したボトルや缶を回収するという当社の『World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)』の目標実現に寄与します」と述べた。

World Without Wasteイニシアチブは、以下の3つの柱に重点を置いている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら