自動車部品およびタイヤメーカーの独コンチネンタルはこのほど、ペットボトルから新プロセスを経て作られる再生ポリエステル糸の量産をタイヤメーカーとして初めて(コンチネンタル調べ)開始することを発表した。

同ポリエステルはまず、同社のサマータイヤ「PremiumContact 6」「EcoContact 6」と、オールシーズンタイヤ「AllSeasonContact」の各5サイズで使用される予定だ。対象タイヤのカーカス(骨組み)でこれまで使用されてきたポリエステルを新たなポリエステルに完全に置き換える。標準的な乗用車用タイヤ1セットには、約40本の再生ペットボトルから作られたポリエステルが使用されるとしている。

2021年9月に同社は、自社開発したContiRe.Tex技術を初公開した。同技術には次の特徴があるとしている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら