持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)はこのほど、2021年2月に刊行した「Circular Transition Indicators(CTI)V2.0(サーキュラー・トランジション・インデックス CTI V2.0)」の日本語版をPwC Japanと共同で作成した。

サーキュラリティの測定方法を示すCTIは、WBCSDと加盟企業30社が作成した。サーキュラーエコノミーへの移行についての関心が高まるなか、企業はサーキュラリティを測定する普遍的かつ一貫した方法を必要としているとWBCSDはみている。CTIの特徴について、WBCSDは以下を示した。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。