欧州委員会はこのほど、家畜のケージ飼育を段階的に禁止する法案を2023年までに作成する計画を示した。これは、EU全域で100万人以上の市民が支持する欧州市民イニシアチブ(ECI)※のキャンペーン「ケージ時代の終わり」に、欧州委が前向きに対応することを決定したことを受けている。同イニシアチブは、「『農場から食卓まで (Farm to Fork)』戦略」内のアニマルウェルフェア関連規制の見直しと、倫理的で持続可能な農業システムへの移行を求めていた。欧州委にとってこれらの社会的な要求に応えることは、「欧州グリーンディール」「農場から食卓まで戦略」に沿った最優先事項であるとしている。

欧州委は、同イニシアチブへの回答の中で、イニシアチブに記載されているすべての動物についてケージシステムの使用を段階的に廃止し、最終的に禁止するための法案を2023年末までに提出することを約束した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について