伊大手電力会社エネル傘下のエネル・グリーンパワー(以下、EGP)はこのほど、スイスに本拠を置くエネルギー貯蔵システム開発のエナジー・ボールト(以下、EV)と提携することを発表した。風力発電のバリューチェーン全体に循環型経済の視点を取り入れ、寿命を迎えた風力タービンブレードのリサイクル材を重力エネルギー貯蔵システムで使用する重りに組み込むことを目的とする。

2020年における世界の風力発電の新設容量は前年比53%増という記録的な結果になり(※)、今後数年間も急激な成長が見込まれるとEGPはみている。これは再生可能エネルギー分野では非常に良いニュースだが、風力発電所が寿命を迎えて解体されたときのための循環型ソリューションを開発する必要もあると考える。

シンプルかつ革新的な重力エネルギー貯蔵システム

EGPは2019年、同社グループの「Open Innovability(オープン・イノバビリティ)」の精神に基づいて実施した研究のなかで、機械技術を用いた重力エネルギー貯蔵システムを提供するEVに注目した。EGPはEVの同システムを次のように特徴づけた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。