GEリニューアブルエナジー(※)とスイスに本拠を置くセメント世界大手のラファージュホルシムはこのほど、使用済み風力タービンをリサイクルするサーキュラーエコノミーソリューション検討の覚書に署名したことを発表した。ラファージュホルシムによると、欧州では2025年までに約10GWの発電容量に相当する風力タービンが寿命を迎えると予測されている。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。