GEリニューアブルエナジー(※)とスイスに本拠を置くセメント世界大手のラファージュホルシムはこのほど、使用済み風力タービンをリサイクルするサーキュラーエコノミーソリューション検討の覚書に署名したことを発表した。ラファージュホルシムによると、欧州では2025年までに約10GWの発電容量に相当する風力タービンが寿命を迎えると予測されている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら