パソコン世界大手レノボはこのほど、2021/22年度(2021年4月1日~22年3月31日)のESG報告書を公表した。それによると、同年度は使用済み電子機器由来の再生プラスチックを利用した製品数を前年比2倍以上に増やすなど、サーキュラーエコノミー移行に向けた取り組みを拡大。オーシャンバウンド・プラスチック(海へ流入する前に回収されたプラスチックごみ)などの再生材も初めて導入した。同社は2050年までに、温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げており、達成には「サーキュラーエコノミー移行が重要だ」との認識を示している。

報告書は、電子機器由来再生プラスチックを使用した製品数が2021/22年度に248製品と、前年度(103製品)から増加したと説明。再生アルミニウムやマグネシウム、オーシャンバウンド・プラスチックなどの新たな再生材も製品に採用した。同社は2025/26年までに、ノートブック/デスクトップ/ワークステーションコンピューターやモニターの100%に、使用済み再生プラスチックを利用することを目指している。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら