マイクロソフトが2020年1月に2030年までにカーボンネガティブ企業になるという環境に関する目標を発表したが、最初の1年の進捗を報告するレポートにおいて、データセンターにおける資源の再利用を増やす同社の取り組みが報告されている。

マイクロソフトは、データセンターが使用する容量を現在の300万台のサーバーと関連ハードウェアから大幅に拡大する計画を立案済みだ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。