小売業の仏カルフールはこのほど、米P&Gの乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」と米テラサイクルと共同で使用済みおむつを回収してリサイクルする実証実験を開始したことを発表した。

フランスでは毎日1,100万枚のおむつが使用されているが、現在同国では使用済みおむつの回収スキームは存在しないとカルフールは認識している。この問題を解決し責任ある消費を可能にすることを目的として、同回収実証実験は以下のように実施される。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。