コンサルティングファーム大手PwCのオーストラリア法人であるPwCオーストラリアはこのほど、サーキュラーエコノミー推進に関する分析レポートを発行した。

「オーストラリアにおけるサーキュラーエコノミーへの移行推進(Building a more circular Australia)」と題する同レポートは、オーストラリアがサーキュラーエコノミーに移行する指針を提供することを狙いとする。同レポートでは持続可能な成長における総合的な枠組みが提案され、経済効果も分析された。冒頭ではコロナ禍からの復興に際し、世界は「次の新常態(ネクストノーマル)」を見つける課題に直面しているが、この課題は大きな機会でもあり、同国がサーキュラーエコノミーの概念を採用する絶好の機会でもあると述べている。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。